冷え性の予防や対策にプラセンタの効果が新常識

The following two tabs change content below.
店長Yutaka
こんにちは。プラセンタイズム編集長のYutakaです! 私自身の夜のお仕事の経験やお酒にまつわるたくさんの経験を元に、よりお酒に強い身体や作りや健康的かつ、日々のお仕事のパフォーマンスを高める方法についてご紹介させていただきます。

こんにちはプラセンタイズム編集長のyutakaっす。
本日のお題は「冷え性の予防や対策にプラセンタの効果が新常識」です。
実は僕も冷え性なんすよ…ヤローなのにwww
末端冷え性ってやつね、冬場は本当に冷たいっす。
で、ビールなんか飲むからさらに冷えちゃうっすよね。
僕はそれでもやっぱりビールを飲みますがwww

冷え性の原因

冬場にある程度手先や足先が冷たくなるのは。当然のことです。
ところが外気温によって冷やされるの程度ではなく、手と足の先端がかなり暖まりにくく、慢性的に冷えているような感覚がある時に、冷え性と呼びます。
夏場、体が冷えている、あるいは体が冷たいと感じている症状などもそうです。
体に中から冷えるため、少し体を動かしたくらいでは、なあなあ温まりません。
冷え性は、本来は働くべき体温調整機能がうまく機能していない状態であり、おもな原因として、次のようなことが考えられます。

自律神経の乱れ

ストレスや不規則な生活などにより、体温調整の命令を出す自律神経がうまく機能しなくなります。
また、常に室内の空調が効いていると、室内外の温度差が激しくなるため、自律神経の機能が乱れます。
こうして夏でも冷え性になるのです。

皮膚感覚の乱れ

きつい下着や服などで体を締め付けたりすると血流が滞りがちになります。

あっ…ちなみに僕も最近はスキニーをかなりタイと目に履いてます…キモイかもwww

血液循環の悪化

貧血、低血圧や血管系などの疾患がある人は血流が滞りがちになります。

筋肉の量が少ない

女性は男性比べて筋肉が少ないため、筋肉運動による発熱や血流量が少ないことも、女性に冷え性が多い原因の一つと考えられています。
また、女性だけでなく、運動不足の人も総じて筋肉量が少なため、冷えやすくなります。

女性ホルモンの乱れ

ストレスが多かったり、更年期になったりすると、女性の心身をコントロールする女性ホルモンの分泌が乱れ、結構の悪化などを促進することがあります。

冷え性の予防と対策

お風呂にゆっくりつかる


夜はヌルヌルの半身浴で、できれば30分以上はゆっくりとお湯に浸かりましょう。
血行が良くなるので→気分もリラックス→ストレス緩和につながります。

適度な運動をする


適度な運動によって血液の循環を良くすると、女性の場合は骨盤内の血流の滞りが解消され生殖器官の働きが良くなります。

体を温める食材を食べる


生野菜よりも温野菜にして食べたり、温かい飲み物を飲んだり、体の内側か温めましょう。

冷え性にも効くプラセンタ

冷え性の原因にもいろいろありますが、特に大きく関係しているのが血行不良です。
血液の流れが悪くなると、手や足といった心臓から遠いい部分に血液が行き渡らなくなり、冷えが強くなってしまいます。
プラセンタには、ビタミン・ミネラル・アミノ酸などが豊富に含まれています。
それらの栄養素が血液をサラサラにし、血液が滞ってしまうのを防いでくれます。

プラセンタに含まれる成分で特に注目されているのが”成長因子”です。
その成長因子のひとつである”HGF”という物質には、血液細胞を増殖・修復させる働きがあります。
その働きによって血管が健康になり、血液の流れも促進されます。
血行が悪くなる原因には、血液中の成分”赤血球”が減ってしまうことも挙げられています。
成長因子である”CFS”には骨髄の中にある造血幹細胞を増やす働きがあり、赤血球が作られるのを助けます。
その結果、血行不良や冷えを改善できるのです。
また、そのほかに含まれる”NGF”という成長因子には自律神経を整える働きがあり、ストレスからくる結構不良にも良い影響を与えます。

まとめ…的なこと

まぁソフト面では、ぬるめのお風呂にゆっくり入るとか、適度な運動をするとかね、うちから体を温める、体温を上昇させることを行う。
ハード面では、体を温める食材を食べる。
そしてさらに血液の流れ、動きを促進。
細胞を増やしたり、補助したりする成長因子を取り入れるって感じですかね。

シェアはこちらから(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

店長Yutaka

こんにちは。プラセンタイズム編集長のYutakaです! 私自身の夜のお仕事の経験やお酒にまつわるたくさんの経験を元に、よりお酒に強い身体や作りや健康的かつ、日々のお仕事のパフォーマンスを高める方法についてご紹介させていただきます。