キャバ嬢必見 同伴で失敗する3つの法則

The following two tabs change content below.
店長Yutaka
こんにちは。プラセンタイズム編集長のYutakaです! 私自身の夜のお仕事の経験やお酒にまつわるたくさんの経験を元に、よりお酒に強い身体や作りや健康的かつ、日々のお仕事のパフォーマンスを高める方法についてご紹介させていただきます。

お気に入りのキャバ嬢から「今日~ごはんいこ💖💖」なんてメールが!!
かつては舞い上がりましたが…
どうもプラセンタイズムの編集長yutakaです。
本日のお題は「キャバ嬢必見 同伴で失敗する3つの法則」です。

同伴とはお客さんと外で待ち合わせし、一般的には飲食店などで食事をした後に一緒にお店に行くことです。
お客さんと一緒に入店する同伴が多いことは、優秀なキャバ嬢の証です。
同伴バックがあったり、時給が上がったり評価してもらえるので魅力的ですよね。

長時間すぎる

今日は仕事が休みなんで昼からデートしたい…てなこと結構多いですね。
しかし長い時間外にいてからの出勤はもろ疲れますし、お客さんはそれだけで満足する可能性もあります。
さらに店に行っても1セット…なんてのも、最悪デートが終わったらバイバイ…まいったね失敗。
まだまだもっと喋りたい!その気持ちのままお店に行くのがベストです。

yutaka
長くても2時間以内に切り上げてお店へ向かうべし。

お店は自分が指名する

お店ではありませんから何かあっても助けてくれるstaffはいません。
ですので個室で2人きりになるようなお店は絶対にNGです。
お店から5分圏内くらいがベストです。
食事のあとにサァとお店に行ける範囲の飲食店を自分から指定するようにしましょう。
ポイントはお客さんが「カラオケ行こうよ」「あの店おいしいから行こう」という前に自分からおねだりしましょう。
ですのでキャバ嬢としてはお店をよく知っていること(個室がなく雰囲気が良い店)
グルメサイトやグルメ本のチェックはマストです。
あとはお客さんより高いものを頼むのはNGです。
お客さんからご馳走になっているという姿勢を忘れないことですね。
お金に余裕のあるお客さんでも、教養のなさや育ちの悪さを目のあたりにすると幻滅します。
逆に同伴の食事代をお客さんが思っていたよりも安くすませることができると、次も同伴してもらいやすいです。
「同伴って意外とお金かからないんだ!」「この子は、お客さんの懐も気にしてくれる良い子だな」って好印象を与えることができます。

同伴時の服装

同伴の醍醐味といえば、キャバ嬢にとっては同伴バックとかお金ですが、お客さんにとってはお店では見られないキャバ嬢のプライベートな姿です。
プライベートではこの子はどんな服装なのかな?そんな期待が込められているわけですよ。
ですのでそんなお客さんの期待をぶち壊したら失敗です。

個性すぎる服装

全てをさらけ出していない段階やまだ指名してもらって間もないお客さんだったりすると、個性的な服装に引いてしまう可能性があります。

男ウケする私服

つまり同伴時の私服はもはや衣装と言ってもいいですね。
男ウケする服装といえば、スカートやワンピース、肌の露出があるもの、パステル系のものなど女性的な魅力を生かしたものです。
パンツスタイルでもスニーカーではなくヒールを履くとか。

yutaka
合コンに行ったりデートで着たりするような服を選ぶべし。
王道ですがViViCanCanなどの雑誌を参考にしょう。

派手すぎ、カジュアルすぎ

あまり派手だったりザ・キャバ嬢みたいな雰囲気の服装だったりするとこれも失敗につながります。
お堅い企業に勤めていたりすると派手な女性と一緒にいるところを見られるとマズイってなこともあります。
逆にカジュアルすぎてお店の雰囲気に合わなく浮いてしまうなんてのも失敗です。

yutakaポイント
お客さんやお店の雰囲気などは事前にチェックしておきましょう。

ヒールには気を付けて

キャバクラやラウンジなど店内で接客していると男性と自分の身長差はあまり気にならないかもしれません。
ですが、外で並んで歩くと意外に身長差に気づくことも。
身長ってコンプレックス持っている人結構いますよね。
ですので同伴時にはあまり高すぎるヒールを履いたり、お客さんとの身長差が出てしまうような靴だったりは失敗のもとです。

まとめ

同伴でお客さんがキャバ嬢に求めているものや、どんな服装が好まれるか?
別に好きな服装していったていいじゃん!て思うかもしれませんがそれでは普通、いや普通以下のキャバ嬢でしかないです。
同伴はもうそれ自体が仕事の一環なわけですよ、アルバイトといえども。
ですので同伴時の服装=衣装って思ってくださいませ。

yutaka
お客さんの立場やキャラ、お店のチョイス、雰囲気、服装すべてのことを考えて行動すべし。
自分の魅力を相手に伝える工夫を常に考えてください。
以上「キャバ嬢必見 同伴で失敗する3つの法則」でした。

シェアはこちらから(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

店長Yutaka

こんにちは。プラセンタイズム編集長のYutakaです! 私自身の夜のお仕事の経験やお酒にまつわるたくさんの経験を元に、よりお酒に強い身体や作りや健康的かつ、日々のお仕事のパフォーマンスを高める方法についてご紹介させていただきます。