キャバ嬢がヒールを履く理由!キャバクラ用サンダルもあり!?

The following two tabs change content below.
店長Yutaka
こんにちは。プラセンタイズム編集長のYutakaです! 私自身の夜のお仕事の経験やお酒にまつわるたくさんの経験を元に、よりお酒に強い身体や作りや健康的かつ、日々のお仕事のパフォーマンスを高める方法についてご紹介させていただきます。

僕の身長は172センチです。
あと5センチ高ければ人生が変わっていたかもって…マジで思います。
どうもプラセンタイズム編集長のyutakaです。
本日のお題は「キャバ嬢がヒールを履く理由!キャバクラ用サンダルもあり!?」です。

魅力的に見せる

デニムを履いているキャバ嬢なんて想像できますか?ありえないですよね(私服DAYとかは別ですよ)
キャバ嬢たちはみんな脚を露出しています。
それが男性の好みに合わせて最適化された結果だからです。
ヒールの高い靴を履くと美脚効果が期待できます。
脚が長く見えますし、シルエット的にも足を伸ばした形というのはセクシーなものです。
「中にはそんな靴で歩けるの?」ってくいヒールの高い靴を履いているキャバ嬢もいますが、心配ご無用です。
キャバ嬢のお仕事は歩くことではありませんから。

キャバ嬢に人気のハイヒールブランド

クリスチャン・ルブタン
高額ですが、ヒールを履いた時の足の美しさを重視して作られているため、ドレスとの相性は格別です

ジミーチュウ
レッドカーペットでもセレブに人気で「足が痛くなったり転んだりできない大切なシーンはこれ」って方が多いようです。
マノロ・ブラニク
ヒールの高さが約2cm刻みで展開されており、比較的歩きやすいヒールです。

サルバトーレ・フェラガモ
解剖学を学び、「人体構造学的に正しい形の靴を作る」という基本理念をあげるほどのブランドです。
歩きやすさには世界的な信頼が持てると言って良いでしょう。

ヒールを履いて165センチというのが魅力的に見える女性の身長だそうです。
大人の女性の身長の平均は159センチ
大体の人はめちゃくちゃ高いヒールを履かなくとも165センチになれますね。
さすがにキャバクラで、キャバ嬢がヒールのない靴ってのも無理ですし…
「どうせお店の中は暗いし、足元なんか誰も見てないし」そんな意識では売れっ子のキャバ嬢にはなれません。

靴の種類

靴の種類、つまり形も靴選びで重要なポイントです。
靴は足元を飾るものなのでデザインひとつで印象が変わってきます。

パンプス


足の甲の部分が大きく開いていて、つま先とかかとの周辺だけが生地に覆われている履物。
パンプスは足を覆う面積がサンダルやミュールよりも多いのでゴージャスな印象にしてくれます。
落ち着いたデザインのものだと締まりのある印象に。

ミュール


つま先部分は生地で覆われていてかかと部分が開いているヒールのある履物。
ミュールタイプは足をすっきりと見せてくれるのでドレスを惹きたててくれます。

ヒールの太さ

細めのヒールは歩きにくいですが見栄えがすっごく良いんですよね~。
そしてヒールが太いとあまりキャバクラの雰囲気に合いません

yutakaポイント
つうか~キャバクラのドレスやワンピースなどの衣装にヒールの太い靴は合いませんよね。

一番細いピンヒールはセクシーでゴージャスなイメージになります。
キャバクラでセクシーでゴージャスなドレスに合わせるなら細身のヒールでアピールしましょう!!
細身の華奢な印象は男心を擽ります。

キャバクラ用サンダル


生地が足全体を覆わず、かかと部分が開いていて通気性の良い履物。

サンダル系は履きやすいですし、最近ではカワイイデザインの品も多いですからついチョイスしてしまいがちですが、実際にはほとんどのお店がNGとなっているため注意が必要です。
お店によっては微妙に判断が変わってくることもありますが、サンダルだとカジュアルな印象になってしまいますよね。

まとめ

簡単な話、キャバ嬢がヒールを履く理由は足を美しく見せるためです。
プライベートでどんな服を着ようがどんな靴を履こうが、すべて自由です。
ですが仕事になったら別です。
指名料やセット料金を払ってお客様は自分に会いに来ているわけだから、そのときの自分は絶対的に商品であるべき。
商品としての見た目はやっぱりちゃんと整えないと。“装う”ということも仕事に含まれていると考えれば、華やかな服を着る必要があるし、それに見合った素敵な靴ってやっぱり必要不可欠ですよね。
モチベーションアップしないと…なのでサンダルはNGですかね?
本日のお題は「キャバ嬢がヒールを履く理由!キャバクラ用サンダルもあり!?」でした


シェアはこちらから(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

店長Yutaka

こんにちは。プラセンタイズム編集長のYutakaです! 私自身の夜のお仕事の経験やお酒にまつわるたくさんの経験を元に、よりお酒に強い身体や作りや健康的かつ、日々のお仕事のパフォーマンスを高める方法についてご紹介させていただきます。